2019年5月17日(金)更新
  
花だより情報
開花情報(★・・・今週、新しく追加した情報です。)
場 所 花の種類 開花状況
現在 今後予想
5/17(金) 5/23(木)
【展示温室】
富山県花総合センター (1F)
<エレガガーデン> ★アメリカシャガ 見ごろ 見ごろ
(砺波市高道46−3) アンスリウム 見ごろ 見ごろ
TEL0763-32-1187 ★オクナ・セルラタ 見ごろ 見ごろ
開園時間:午前9:00〜午後4:30 ケストルム・エレガンス 見ごろ 見ごろ
休園日:火曜日 ブーゲンビレア 見ごろ 見ごろ
(火曜日が祝日の場合はその翌日) ロードデンドロン・ヴィレア‘シンブサンセット’ 見ごろ 見ごろ
入園料:無料
「とやま花の名所」 (ラン)
アングレカム・クレストウッド 見ごろ 見ごろ
エピデンドルム 見ごろ 見ごろ
オドントグロッスム 見ごろ 見ごろ
オンシジウム 見ごろ 見ごろ
カトレア 見ごろ 見ごろ
カトレア・スキンネリ 見ごろ 見ごろ
カトレア・モシアエ 見ごろ 見ごろ
★カトレア・ロバタ 見ごろ 見ごろ
カトレア・ワーネリ セルレア‘オーハラノ’ 見ごろ 見ごろ
カトレア・ワルケリアナ 見ごろ 見ごろ
カランテ 見ごろ 見ごろ
★デンドロビウム・クリソトキサム 見ごろ 見ごろ
★デンドロビウム・スマイリアエ 見ごろ 見ごろ
★デンドロビウム・トリチェリアナム 見ごろ 見ごろ
デンドロビウム・ロディジェシー 見ごろ 見ごろ
パフィオペディルム 見ごろ 見ごろ
パフィオペディルム・リーミアヌム 見ごろ 見ごろ
パフィオディルム・ローウィ 見ごろ 見ごろ
ファレノプシス 見ごろ 見ごろ
★ブラッシア・レックス‘ワイオマオスポットレス’ 見ごろ 見ごろ
フラグミペディウム 見ごろ 見ごろ
フラグミペディウム・ベッセアエ 見ごろ 見ごろ
★リカステ・アロマティカ 見ごろ 見ごろ
【樹木】
カマツカ 見ごろ 見ごろ
★キソケイ 見ごろ 見ごろ
★キングサリ 見ごろ 見ごろ
タニウツギ 見ごろ 見ごろ
ハンカチノキ 見ごろ 見ごろ
★ビバーナム・ワタナベ 見ごろ 見ごろ
モッコウバラ 見ごろ 見ごろ
【草花】
★キショウブ 見ごろ 見ごろ
ゲウム‘クッキー’ 見ごろ 見ごろ
ヒアシントイデス・ヒスパニカ 見ごろ 見ごろ
【シャクナゲ花壇】 見ごろ 見ごろ
春の粧ほか 見ごろ 終わり
≪案内≫
栽培技術や花壇づくりなど花の情報発信の中心施設です。野外及び展示温室などには、園芸植物など約1,200種の植物が四季折々に観賞できます。
展示温室:    亜熱帯性の植物や交配種の洋ラン、原種ランなどが観賞できます。
(1F) 「アメリカシャガ」はニカラグアからブラジルにかけて分布する多年草。外花被片は白く基部は黄味を帯び、褐色の横縞が入ります。内花被片は外側に巻き、青色に紫がかった青色の斑が入り、基部に黄色と褐色の縞が入ります。一日花で芳香があります。
「オクナ・セルラタ」は南アフリカ原産のオクナ科常緑低木。黄色の可愛らしい花がうつむいて咲いています。花弁が散った後、花弁の下にある萼片は黄緑色から赤色に変わり、反り返ります。ふくらんだ赤い花床に黒い石果がついている様子がおもしろいです。ミッキーマウスとも呼ばれています。
(ラン) 「カトレア・ロバタ」はブラジルに分布する原種。花は径約12p、紫を帯びた淡い桃色で、長く花を楽しめます。花弁の喉部は淡い黄色で中央部は紫がかった桃色です。
「デンドロビウム・クリソトキサム」はインド、中国南部からタイ近辺の標高500〜1600mに分布する原種。花茎は弓状に伸び長さ15〜20p、10〜20花をつけます。花は平開し径4〜5pで鮮やかな黄色です。
「デンドロビウム・スマイリアエ」はニューギニア島に分布する原種ラン。直立する花茎に、密に多数の花をつけ長楕円形の塊となります。花は下垂し、半開性、淡緑白色で花被片先端が濃緑色で長く楽しめます。ボトルブラシの愛称があります
「デンドロビウム・トリチェリアナム」はフィリピンの標高600〜1100mに自生する着生ラン。花茎は葉の間から出て弓なりに下垂し、長さ50cmぐらいになる。花は星型で中心部が濃赤色で外側に向かっていくほど白味を帯びる、その色のコントラストがとても美しいです。
「ブラッシア・レックス‘ワイオマオ スポットレス’」:ブラッシアは熱帯アメリカに広く分布しする着生ラン。花は細長く線形の萼片と花弁が展開し、クモのように見えることからクモランの和名があります。本種は花は鮮黄緑色で唇弁はクリーム色、巨大輪でとても見応えがあります。
「リカステ・アロマティカ」はメキシコからグアテマラ、ホンジュラスの標高約1200mに分布する原種。花茎は落葉後に生じ直立し、長さ15p、1花をつけます。花は開帳し径約6p、黄色で唇弁が橙色で香りがあります。
樹木: 「キソケイ」は集散花序に芳香のある黄色の花を数花つけて樹全体を彩るモクセイ科の常緑低木。ジャスミンの仲間で、素馨は中国の美女の名にちなみます。
「キングサリ」はヨーロッパ中部及び南部に分布するマメ科の落葉低木。花色はさわやかな黄色でフジのような花穂を垂れます。。別名キバナフジともいわれます。ロックファウンテン頂上で見られます。
「ビバーナム・ワタナベ」は一見アジサイと見間違うスイカズラ科の落葉 低木。ヤブデマリの一種で秋まで花を次々と咲かせます。花後には赤い実をつけます。
草花: 「キショウブ」は卵形の下垂した外花被片が鮮やかな黄色のアヤメ科の多年草。日本の水辺に野生化し、かつてはあちこちで見られたが最近はあまり見られなくまりました。観賞池周辺で群生している姿はとても鮮やかで美しいです。