9月16日(土)
(園内地図)
                        
【展示温室】
                         
展示温室で、こんな形のものを発見!
              
これ、じつは…
アンスリウムの苞(仏炎苞)なんです。
仏炎苞とは、仏像の背にある飾りに
雰囲気や形状が似ているところから
その名がついたといわれています。
そう聞くと、なんだか貴く見えてきますよね。
       
(アンスリウム・マデュラル)
        
ちなみに、別の種類では…
(アンスリウム・ダコタ)
        
仏炎苞が開き始めていました。
(20%開き?)
        
(60%開き?)
        
真ん中の花序が見えるのももう少し!
          
        
展示温室内では他にも、実りの秋も
感じられます。
       
『コーヒーの木』
この赤い実のままでは
コーヒーにはなりません。
中の豆を取り出し、焙煎して
コーヒーになります。
       
そして、園内でも…
        
        
【園内】
   
“実”の続き!
こちらは『椿』!
※展示温室近く
       
         
『ツキヌキニンドウ』
※正面入口ゲート近く
   
         
         
『ウメモドキ』
※正面入口フラワーウォール近く
 ちなみに、この近く、噴水のそばにも
『コムラサキ』がもうすぐ見ごろを迎えそうです。
(昨年10月撮影)
こちらは、紫の実。
『ウメモドキ』も『コムラサキ』も、
よく小鳥が食べにきます。
実も小鳥も可愛い、秋の光景です。
        
        
「おっ、これは変わった実だ!」
と撮ってみたら…
 
可愛い花でした。
 
こちらは…
『ビナンカズラ』の花でした!
※ロックファウンテン頂上
(昨年11月撮影)
『ビナンカズラ』は
変わった形状の赤い実が特徴。
11月が待ち遠しい!
       
       
9〜11月は花も実も、
私たちの目を楽しませてくれますよね
        
          
やってきた秋を感じに、
富山県花総合センターへようこそ!
         
☆ お待ちしております ☆